判断能力の困難な方のお手伝いを致します。

トップページ 市民後見センター 事業計画 組織&業務 事務フロー 気軽にご相談
 

  市民後見人養成講座

★「第2回臼杵市市民後見人養成講座」が6月29日よりスタートしました。19名の方が参加されています。
6月29日〜10月5日まで10回の講座です。参加者の皆さん、かなり緊張されていた面持ちでしたが頑張るぞという意欲も感じられました。 最後まで頑張って欲しいものです。下の写真は開講式の様子です。

協働まちづくり推進局長 西岡 隆氏   市民後見センター所長 田中 利武氏

◆初日のカリキュラム
@「成年後見制度の基本的理解」〜90分

講師:かわの社会福祉士事務所
 社会福祉士:河野雄三氏

成年後見制度の基本理念
(a)自己決定の尊重
(b)残存能力の活用
(c)ノーマライゼイション
A「法定後見制度の仕組み」〜70分
講師:あぐり社会福祉事務所
 代表:高橋 了子氏

事理を弁識する能力により援助者が決まる
(a)成年後見人(能力を欠く)
(b)保佐人(能力が著しく不十分)
(c)補助人(能力が不十分)
B「民法@ 財産法」〜90分 C「民法A 家族法」〜90分
講師:弁護士法人 大分あおば法律事務所
 代表弁護士:田中 利武氏

《本日持帰り情報》
「契約」
「代理」
「家族法」
事例集 @財産法
事例1:債権債務
事例2:物権
事例3:契約
事例4:意思表示の無効・取消・契約の解除
事例5:権利能力・意思能力・行為能力
事例6:意思能力
事例7:代理
事例集 @家族法
事例1:婚姻・離婚
事例2:親子
事例3〜5:相続・相続人・相続分
事例6:特別受益・寄与分
事例7:遺産分割
事例8:遺言
上記のような事例集で解りやすく解説して頂いた。

HOME

Copyright © 2014 臼杵市社会福祉協議会市民後見センター All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座