判断能力の困難な方のお手伝いを致します。


トップページ 市民後見センター 事業計画 組織&業務 事務フロー 気軽にご相談
 

  臼杵市市民後見センター

臼杵市社会福祉協議会の中に”臼杵市市民後見センター”が設立されました。
高齢者で認知症や障がいがあってお金の管理等の判断ができなくなった時に大切な財産の管理や、医療や介護のサービスを受けられるようにしたりする「成年後見制度」があります。
然し、後見人になれる親族がいない場合、弁護士、司法書士、社会福祉士といった専門の方にお願いするしかなく十分に利用されていませんでした。
そこで、社会福祉協議会はこの4月1日から”臼杵市市民後見センター”を設置し法人として後見人の役割を果たして いけるようになりました。
研修を受けて、十分な知識を得た支援員(市民後見人)が後見が必要な方の暮らしを支えていきます。
判断が出来なくなってお金の管理等に困っていたり、身の回りにそのような問題を抱えている方がいる場合は、まずは「気軽に」社会福祉協議会にご相談ください。
 

  事業計画

【具体的な実施事業】
(1)地域支援権利擁護に関する事業
★成年後見制度その他権利擁護に関する相談・支援
★成年後見制度、権利擁護に関する研修会、講演会の開催
 
(2)成年後見人等の受任並びに利用と養成に関する事業
★成年後見(法定後見人の各類型および監督人、任意後見人を含む)の受任に伴う後見活動および申立支援
★権利擁護支援・市民後見人をはじめとする権利擁護にかかわる人材の養成、育成及び活動支援
 
(3)権利擁護に関する実態把握と広報・啓発事業
★臼杵市市内における要権利擁護支援者の実態把握
★民生児童委員の会合やサロン活動等への講師派遣
★他団体、機関等への研修の講師派遣
 
(4)地域の関係機関・団体等との連携・協働事業
★民生児童委員、区長、福祉委員等との連携、協働
★介護施設、障がい者施設、ボランティア協議会、地区福祉推進協議会、地区福祉協議会連絡会の支援、連携
 
 

  組織形態

【組織形態】
◆社会福祉協議会臼杵事務所の中に臼杵市市民後見センターとして設立されました。
*構成は下記の構成となっています。
 ・センター所長 1名 (非常勤 弁護士)
 ・主任専門員  1名 (社会福祉士・精神保健福祉士)
 ・専門員      1名 (嘱託)
 ・市民後見人  2名 (非常勤)
 
 

  業務の流れ

【業務・事務の流れ】
●まずは、臼杵市の権利擁護支援(臼杵市市民後見センター)の総合相談窓口においでください。
*下記の手順で進みます。
★面談・状況聞き取り・説明・情報提供が行われます。(内容に応じて、訪問・アセスメント・ニーズ把握・本人の意思・状況確認が行われます)
★対象の区分けがなされます。
(1)他機関対象
(2)他の社協事業対象
(3)任意後見対象〜判断能力のある人が将来判断能力が低下した時に自分で選んだ人との間で公正証書によって契約を結んでおき能力が低下した段階で正式に事務を開始する制度。
(4)法定後見対象〜すでに判断能力が一定以上低下している人の権利を守るため、四親等以内の親族、配偶者、市長等の申し立てに基づいて、家庭裁判所が 審判を行い、誰を保護者にするか、保護者に付与する権限の内容等を決定する。
★(1)(2)については他の機関への連絡・紹介となります。
★(3)(4)については各種の支援等が行われます。(相談対応、後見活動へのフォローアップ、支援計画作成等)
 
 

  気軽にご相談

【気軽にご相談ください】】
★臼杵市市民後見センターは判断能力が十分でない人が住み慣れた地域で安心して暮らす事が出来るように「成年後見制度」の利用をお手伝いします。
★「成年後見制度」は自分らしく安心して暮らす事ができるよう、その人の権利を擁護するための制度です。
本人の判断能力の程度に応じて補助→保佐→後見の3段階にわけられます。
補助:事理を弁識する能力が不十分な人
保佐:事理を弁識する能力が著しく不十分な人
後見:事理を弁識する能力を欠く人
★成年後見制度を必要とする人が、的確に制度を利用できるよう手続きの説明や申し立てに関するアドバイス等を行います。
★相談内容に応じて、弁護士、司法書士、消費生活支援センターや生活困窮者支援員等のご紹介をします。(必要時同行します)
★申し立てが必要な場合は必要にあわせて支援します。


 
Copyright © 2014 臼杵市社会福祉協議会市民後見センター All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座